- お子さまの歯並びをはじめからきれいにします -
   


歯列育形成(しれついくけいせい)は、初めから正しい噛み合わせを獲得させる方法です。
乳歯が生えそろう頃から、継続的な虫歯予防を歯科医院側が責任をもって行い、
同時に歯ならびの処置も行っていきます。
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
- このサイトでは全国の歯列育成形を行う歯科医院をご紹介いたします -
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び
歯列育形成の子供達 歯列育形成の歯科医院

歯列育形成研究会の活動に関するご案内はこちらです。
症例スライドショー(標準経過態)掲載中
平成29年2月19日 第26回症例相談会開催

歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
【ごあいさつ】

 正しい噛み合わせが、単に健康促進だけでなく、個人の能力を最大限に引き出すことが、海外での日本人スポーツ選手らの活躍などにより、一般の方々にも広く知られています。そして、正しい噛み合わせをもつ子供たちは、小学生の時にすでにその能力を発揮させることがわかってきました。正しい噛み合わせは、すばやい処理判断、処置能力に有利に働くからです。
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
 歯列育形成は、初めから正しい噛み合わせを獲得させる方法です。乳歯が生えそろう頃から、継続的な虫歯予防を歯科医院側が責任をもって行い、同時に歯ならびの処置も行っていきます。歯ならびの処置には、通称プレートと呼ばれる取り外しの装置をおもに使用していきます。幼児の対応に慣れたスタッフのもとで楽しく、自分で簡単に取り外しを覚えることができ、すぐに生活習慣に取り入れることができます。
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
 虫歯の洪水とよばれた時代もあったほど、これまで小児歯科では虫歯の治療に追われてきました。その結果、歯ならびは後で悪くなってから治すもの、というのがこれまでの一般的な考えであったようです。これからは虫歯予防だけでなく、噛み合わせも初めから正しくきれいに、というのが理想的な予防体系として定着していくでしょう。

 歯列育形成を取り入れる歯科医院は年々、全国規模で増えています。患者さんが転勤などの諸事情により、通院が困難になった場合でも、近医を紹介できるシステムづくりを進めています。
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖

歯列育形成研究会会長 禹 秀司




【小さなお子様の歯並びが心配なお母様、お父様へ】

 歯列育形成は3〜4歳頃から始めると理想的です。3〜4歳の頃はまだ乳歯だけで永久歯は生えていません。しかし主な永久歯は歯冠(歯の頭の部分)が作られ始めているので、X線ではっきりとみることができるのです。これと口腔内の状況や現在の乳歯の咬み合わせを一緒にみると、将来のお子様の永久歯の歯並びについてかなりの程度予測できます。
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
 例えば将来の歯並びが出っ歯になることはないか?受け口になるのではないか?永久歯が並びきらないで重なってしまうのではないか?永久歯の歯の数が足りないのではないか?これらについては早く対処を始めれば心配を解決できるようにシステムが開発されています。但し全身的な特殊な疾患がある場合には完全には対処が行えないこともあります。
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
 歯列育形成によって正しい咬み合わせになると優れた運動機能、優れた精神発達が期待できますが、更に歯列育形成を行った子は良い形のアゴで美しい唇になっていることが特徴です。なぜかというと低年齢のうちにアゴの骨の形を標準形にして、またアゴのズレも治してしまうので、その状態から発育していくからです。
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
 また低年齢から歯列育形成の方法で咬み合わせの管理を長い期間継続すると、顔の下半分が上下的に長くならないようにすることができ、小顔に近づけることができます。
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖

歯列育形成研究会 学術担当理事 島田 朝晴





歯列育形成研究会

[本部] ジャーミィデント歯科
〒107-0061 東京都港区北青山3-12-9 花の館7F
TEL 03-3406-5585/1916   FAX 03-3406-5705

[事務局]
〒144-0051 東京都大田区西蒲田5-19-9 島田ビル207
TEL 03-5480-8738   FAX 03-5480-8739

e-mail : ikuken@dream.jp
歯列育形成研究会,歯並び,矯正,子供の歯並び,小児矯正,幼児の歯並び,小児歯科,矯正歯科,美容歯科,審美歯科,ジャーミィデント歯科,島田朝靖
↑UP
2002/06/20~
Reload